Temps heureux〜幸せな時間

ハンドメイドが好きで、色々手を出しています。作ったものや日々のことをつづってます。

リハビリ

さてさて、今だ入院中のてしごとたいむでございます。

参加予定で、穴を開けてしまったイベントが次々に開催され、申し訳ない思いと、「出たかった!」という思いと、他の作家さん方の活躍や作品を見て焦りを感じる日々を送っております。
もう、しばらくはイベントに参加できない(てか、お呼びがかからない)だろうな~と思っておりますが、それでも作家活動は続けたいなんて都合の良いことを考えております。

前回記事では弱々MAXだった私。
弱々街道まっしぐらで、看護師さん、介護士さん先生等々「死にたい」と訴えて泣いてばかりおりましたが、精神科の先生に睡眠薬を処方していただいて、夜が眠れるようになってから、少しづつ落ち着きを取り戻してきております。
やっぱり夜眠るって大事です。
皆様もお気をつけください。

今回、入院して、けっこう早い段階からリハビリの先生がつきました。
私についた先生は3人です。
1 臙下(こんな字?)要するに飲み込み。
2 作業療法士 手のリハビリ
3 理学療法士 足のリハビリ
入院当初はかなり弱ってて、1人でトイレにも行けませんでしたし、手はずっと力が入らず、痺れていて、腫瘍のせいか、震えがきていました。
喉は、半分麻痺してましたし、つかえが酷くて食事もとれませんでした。

飲み込みは、喉の使い方を学び、動かし方を学び、順調に食事の硬さを上げていき、今では普通にご飯を食べられるようになりました。
手は、自分が思っていたよりかなり筋力が落ちていてびっくりしました。
細かい手作業ができないのも、本当に驚きました。
幸いリハビリのおかげで腕の筋力は戻ってきたようですが、まだ手先の痺れがあるので、手先が回復したようには感じられなくて、ちょっと焦ってます。
足は、本当に筋力が落ちててびっくりしました。
前の入院の時も筋力が落ちて、階段を上がるのがきつかったりしたんですが、それどころじゃないくらい落ちてるんです。
特に、左足の筋力の衰えは著しかったです。
多分、軽く痺れが出てるせいでしょう。
リハビリのおかげで、ひとりで歩くことはできるようになりました。
が、ちょっと高さのある階段や、正座姿勢から立ち上がるなど、普通なら意識しなくてもできることを息を切らしながら練習しています。

メンタル面でも、体力面でも落ち着いて来た私。
そろそろ退院の話もチラホラ出てきてます。
退院してからの生活の事など、まだ不安も大きいのですが、いつまでも病院にしがみついているわけにもいきませんしね。
次はきっと「退院しました」とのご報告ができると思います。
スポンサーサイト
  1. 2016/11/04(金) 15:51:00|
  2. 病院へ行こう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<退院しました | ホーム | 治療>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tesigototime.blog.fc2.com/tb.php/643-5d1dfbdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)