Temps heureux〜幸せな時間

ハンドメイドが好きで、色々手を出しています。作ったものや日々のことをつづってます。

ここしばらくの話

ご無沙汰しております。
てしごとたいむでございます。
只今私、またまた入院しております😅

順を追ってご説明しますと、先々週の月曜日、いつものように、胆石のような激痛にお腹と背中が襲われまして。
その日はまだ夕方でしたので、近くの病院に連れて行ってもらい、痛み止めを2本打ってもらいました。
暫くして、痛みも治まり、帰宅してグッタリしていたのですが、夜、ダンナが用意してくれたご飯を食べようとソファーから起きあがるとものすごいめまいを感じました。
立っていることもできないほどのめまいで、嘔吐してしまいました。
それから2,3日、何も食べれなくなって、1日の大半を横になって過ごしていたのですが、やっと徐々に食べられるようになってきた矢先、喉に変な違和感を感じるようになりました。
食べ物が上手く飲み込めなくなって、しゃべり方も変になって、水分をとるのも難しくなってしまいました。
見かねた母が主治医の先生に電話してくれて、急遽診てもらえることになりました。
CTを撮ったのですが、原因がわからず、一度耳鼻科の先生に診てもらう事になりました。
結果、喉の半分が麻痺しているとのこと。
原因は脳の腫瘍のせいかもしれないが、今のところは原因不明。

ショックでした。
腫瘍のせいなら、腫瘍が小さくなれば治る可能性もあるけど、原因がわからなければ、一生このままかもしれない。
本当にショックで、食べにくいこともあって殆ど食事がとれなくなってしまいました。
そしたらどんどん弱っていって。
先週の土曜日の夜、旦那と子供に病院へ担ぎ込まれ、入院する事になってしまいました😅

痛い、辛い、自由に動けない事が死ぬほど嫌いな私、入院してすぐは弱々ボロボロでした。
ずっと虚ろな目で点滴とにらめっこしてるか、来られたドクターや看護師さん相手に泣きの涙で訴えてるか😨

入院して2日間はとにかく体力の回復のため、ずっと点滴のみで検査もありませんでした。
3日目、脳と胸のMRの検査があり、次の日、説明がありました。
結果、脳に、新たに小さな腫瘍が幾つか見つかりました。
小脳の大きな腫瘍も、前の放射線治療で、半分くらいの大きさにまで小さくなっていたのが、また少し大きくなっていたようです。
つまり、今の抗ホルモン剤は脳に関しては利いていないということです。
ただ、この腫瘍達が喉の麻痺の原因かどうかは不明とのことでした。
今後は、脳に以前とは違う方法で放射線治療をして、その後は抗がん剤での治療に進めましょうとのことでした。

「抗がん剤治療」

私にとっては一番辛い治療の代名詞です。
まだまだ弱々だった私は先生に、涙ながらに「楽に死ねる薬をください」ってお願いしました。
なんて書いたら怒られてしまうかもしれませんが、本当にそのくらい辛かったんです。気持ちが😢
先生に怒られましたけどね😅

それから、カウンセリングの先生や、看護師長さんのフォローや、お世話してくださる担当看護師さん達、24時間私の中に注がれた栄養の点滴、色々な方のお陰でなんとか立ち直ってきました。
きっとあんまり長い時間悩めないタイプの人間なのかもです😅

長々と書いてしまいました。
この入院では、まだまだ色々なことをやってます。
それは追々書いていきますね。
…興味ないかな?😅
スポンサーサイト
  1. 2016/10/01(土) 20:52:33|
  2. 病院へ行こう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ポート | ホーム | これな~んだ?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tesigototime.blog.fc2.com/tb.php/640-d189ec65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)