Temps heureux〜幸せな時間

ハンドメイドが好きで、色々手を出しています。作ったものや日々のことをつづってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

春のお彼岸

今は春のお彼岸。
ということで、坊ちゃまと姫のお姉ちゃんに会いに行ってきました。

今、納骨堂で安らかに眠っています。

妊娠5ヵ月で流れてしまった私の長女。

今日は少し思い出話をさせてください。


その頃、私は切迫流産で近所の産婦人科に入院して、お腹の張りを抑える点滴を24時間ずっとしていました。
張りを抑える薬は副作用が強くて、私は文字も普通に書けないくらいでした。
それが一週間も続いて、いい加減うんざりしてました。

その日の夜、トイレに行ったら水がバチャッと出てきた気がしました。
今なら破水したんだとわかりますが、当時は初産でそんなことわかりません。
そのまま私は寝てしまいました。

何故あの時、助産師さんに言わなかったのか。
今もずーっと後悔しています。

次の日、少しづつ治まってきたはずのお腹の張りがまた酷くなってました。
張りは少しずつ強くなっていって、我慢できませんでした。

先生の判断で、大きな総合病院に移されました。
そこで検査をした結果、子宮内に羊水が殆ど無いことがわかりました。
先生のお話では、今出産した場合、赤ちゃんの延命措置は行えないということでした。
ただ、あと1ヵ月、6ヵ月に入れば延命措置ができるので、それまで子宮内に羊水を注入して薬で出産を抑えることができます。
とにかく、今の状況では母子共に危険なので早く結論を出してほしい、とのことでした。

パパは私を見るなり、
「あと1ヶ月頑張るやろ?」
と言いました。

私はすぐにはうなずけませんでした。

…正直、早くこのキツい状況から逃れたかったんです。

張りを抑える薬の副作用は本当に辛くて。
今襲われている陣痛は死にそうなくらい痛くて。
もう早く楽になりたい!と思ってしまって。

私が迷ったその2.3秒で長女の運命は決まってしまいました。

今までで1番の痛みが来て、私はそのまま分娩室に運ばれました。


出産して確かに体は楽になりました。
でも、そんなこと関係ないくらい辛くて痛くて死にそうになってしまいました。


しばらくしてきれいになった長女を抱くことができました。

小さな小さな長女。
口もととか私そっくりの可愛い赤ちゃん。

長女を抱いて、激しく後悔しました。
何故私はもっと頑張らなかったんだろう?


今日は長々と思い出話にお付き合いいただきありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2012/03/20(火) 23:05:33|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<お別れ会 | ホーム | さが・ひな市>>

コメント

大丈夫・・。

つらい思いを抱えていたのですね。
きっとそのお子さんはママの気持ちは分かっていますよ。
頑張っていた事も。辛かった事も。
だから今、子どもさんを大切に思う気持ちが伝わります。
よく耐えられましたね。偉いです。
きっと天国で楽しく遊んで家族を見守っているはずです。
  1. 2012/03/22(木) 19:50:52 |
  2. URL |
  3. Ankoro #-
  4. [ 編集 ]

Ankoroさん

温かいお言葉、ありがとうございます。
ずっと辛くて、言葉にする事ができなかったんです。
Ankoroさんの優しいお言葉で少し心が救われた気がします。
  1. 2012/03/23(金) 01:27:16 |
  2. URL |
  3. てしごとたいむ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tesigototime.blog.fc2.com/tb.php/183-feef7efd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。